会社設立初年度 初めての税理士選び

会社設立して、税理士にお願いすることなく法人税申告を行おうとするする方もいます。初めて法人税申告を行おうとしたものの、税理士の力を借りずに自分で法人税申告を行うのは厳しいと判断されて、弊事務所にご相談される方もいらっしゃいます。今回は、初めて税理士を選ぶ際のポイントについてお伝えします。

税理士にお願いしない理由

会社を設立したものの税理士にお願いしない主な理由としては、以下の3点があげられます。

個人事業主時代と同様、自分で申告できると思った

法人税申告は所得税の確定申告よりも書類の数が増加するため、初めて法人税申告を行おうとすると、申告書を理解するだけでも途方に暮れると思います。

赤字のため申告が必要ないと思った

誤解されている方もいるのですが、赤字決算であっても法人税申告を行う必要があります。期限内に申告を行わないと、青色申告が取り消されるなどのデメリットがあります。

誰にお願いすればよいか分からない

会社経営者の方は忙しく、経理などのバックオフィス業務はどうしても後回しになりがちです。誰かにお願いしなくてはいけないと分かりつつも、周りに相談できる専門家がいないがために、時間だけが過ぎていってしまうパターンです。

税理士との付き合い方

税理士と付き合うには大きく2つのパターンがあげられます。

年1回決算・申告だけを税理士にお願いする

売上規模がそこまで大きくなく、コストもできるだけ抑えたい会社におススメです。デメリットとしては、期中の会計処理がどうしても後回しになるため、利益が出てきた場合の節税対策ができないことや、効果的なアドバイスを期中に税理士から聞くことができない点があげられます。

顧問契約を結び期中も税理士にアドバイスをもらう

期末だけでなく、期中から正しい会計処理を行うために税理士からアドバイスをもらいたい方におススメです。また、顧問契約のサービスにもよりますが、税理士・公認会計士から、会社を成長させるために、節税提案、資金繰り・資金調達のアドバイスを受けることも可能です。

初めて税理士を利用する場合 おすすめパターン

今まで税理士と関わることがなかった場合のおすすめパターンとしては、決算・申告を一度税理士にお願いしてみる。そして、そのサービスに満足して、専門家として安心できると判断できたのであれば、顧問契約を結び期中にもアドバイスをもらうというパターンです。

税理士を選択するポイントとしては、コスト面もありますが、税理士との相性もあります。顧問契約は、年単位の長期的なお付き合いになることが多いので、初めて税理士を利用する際には、まずは決算・申告だけのサービスを受けてみて税理士との相性を判断するのは有効な方法だと思います。

横浜 決算・申告駆け込みセンターでは、会社設立して初めて法人税申告を行う経営者をサポートしております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら