MF(マネーフォワード)利用者向け 決算申告サポート

MF(マネーフォワード)、freeeなどのクラウド会計を利用されている法人、個人事業主の方々が増えてきています。ある意味、クラウド会計というものも一般的になってきたと感じます。

その中でも、会社設立初年度の法人や、開業初年度の方がMF(マネーフォワード)、freeeなどのクラウド会計を選択されるケースが多いと思います。

横浜 決算・申告駆け込みセンターでは、MF(マネーフォワード)の利用を推奨しております。今回は、MF(マネーフォワード)利用者が、決算申告を行う上で悩んでいることや、弊事務所にご相談されることについてお伝えします。

MF(マネーフォワード)利用者 お悩み

横浜 決算・申告駆け込みセンターでは、以下のようなお悩みを受けることがありますし、実際の設定や記帳が間違っていることがあります。

自分で記帳を行っているが、正しく記帳できているか不安

例えば、得意先からの入金処理で債権(売掛金)の消し込み処理が行われておらず、売上を再度計上しているような場合があります。

MF(マネーフォワード)導入時の設定が正しいのか不安

例えば、消費税の免税業者で該当するのに、消費税の課税業者として設定していることがあります。

専門家に見てもらいたいが費用が発生するので躊躇する

税理士・公認会計士といった専門家に対して敷居が高いイメージをお持ちのため、祖専門家に相談することなく、間違ったまま決算・申告を行ってしまうケースがあります。

MF(マネーフォワード)利用者へのサポート

上記のお悩みに対して、横浜 決算・申告駆け込みセンターでは以下のような強みがあります。

税理士・公認会計士が責任をもって対応

お客様が記帳された内容を税理士・公認会計士がチェックして、正しい決算・申告を行います。また、次回以降、間違えず正しく記帳できるように丁寧な説明を心掛けております。

MF(マネーフォワード)導入からのサポート

MF(マネーフォワード)の導入当初、設定を間違えていると、正しい決算・申告を行うことはできません。横浜 決算・申告駆け込みセンターでは、MF(マネーフォワード)のゴールドメンバーであり、導入支援の経験豊富な税理士・公認会計士が対応します。

スポット料金で対応可能

横浜 決算・申告駆け込みセンターでは、決算・申告だけの料金で対応させていただいております。決算・申告だけ税理士・公認会計士に見て欲しいというニーズにお応えします。

まとめ

横浜 決算・申告駆け込みセンターでは、MF(マネーフォワード)を利用している、会社・個人事業主のサポートに力を入れております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら