マネーフォワード freee QRコード決済の連携



 横浜 決済・申告駆け込みセンターです。2018年12月にPayPay(ペイペイ)が20%のキャッシュバックキャンペーンを行ったところ僅か10日で終了するなど、PayPayはじめLine Pay、楽天ペイ、Origami Pay等のQRコード決済(スマホアプリ決済サービス)の利用が、日本でも広がり始めています。

 QRコード決済の利用が進むとマネーフォワードクラウド会計、freeeなどのクラウド会計ソフトとの連携が気になるところです。 今回は2018年12月末での、クラウド会計ソフトとQRコード決済との連携状況についてお伝えします。

QRコード決済の代表例

 QRコード決済の代表例、Line Pay(ラインペイ)、Origami Pay(オリガミペイ)、楽天ペイ、PayPay(ペイペイ)についてお伝えします。

Line Pay(ラインペイ)とは

 日本でのコミュニケーションアプリ最大手「Line」が展開するQRコード決済サービスです。プリペイド形式とポストペイ形式(クレジットカード決済)の両方を利用することができます。

Origami Pay(オリガミペイ)とは

 Origami Pay とは2012年創業のOrigamiが展開するQRコード決済サービスです。Origami Payではクレジットカード情報を登録して利用を行います。提携サービスの支払い時にOrigami Payを使用すると、割引が適用されるのが魅力になっております。

楽天ペイとは

 楽天ペイは楽天グループが展開するQRコード決済サービスで、楽天ポイントや楽天カードの連携が魅力となっております。

PayPay(ペイペイ)とは

 ソフトバンクとヤフーが展開し始めたQRコード決済サービスです。2018年12月4日に開始した「100億円あげちゃう」キャンペーンは、PayPayで決済を行うと購入額の2割が還元されるため、利用が殺到して僅か10日で終了となり話題になりました。

クラウド会計ソフト QRコード決済の対応状況

 クラウド会計ソフトの代表例、マネーフォワードクラウドとfreee(フリー)のQRコード決済への対応状況についてお伝えします。

マネーフォワード QRコード決済の対応状況

マネーフォワード 対応金融機関一覧

こちらに対応金融機関の一覧があります。「電子マネー」の項目を見ると、現状対応しているQRコード決済はLine Payだけのようです。

freee QRコード決済の対応状況

freee 対応金融機関一覧

こちらに対応金融機関の一覧があります。その他サービス(決済サービスや電子マネー等)の項目を見ると、現状対応しているQRコード決済は楽天スマートペイ(楽天ペイ)だけのようです。

まとめ

 今回は、QRコード決済の概要及びクラウド会計ソフトとQRコード決済の対応状況についてお伝えしました。クラウド会計ソフトの対応状況は、これからという状況ですが今後随時対応していくことでしょう。また、QRコード決済についてはメルカリがサービス導入を予定しているなど、様々なプレーヤーが導入を開始することが予想されております。

 横浜 決算・申告駆け込みセンターでは、クラウド会計ソフトの導入を推進しております。クラウド会計の導入や、クラウド会計での決算・申告にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

前の記事

納税管理人とは

次の記事

源泉所得税の納期の特例